皆様のお陰で70年 感謝をこめて授業しています。小学生、中学生、高校生、社会人大歓迎!算数・数学を大好きになりたい方に優しく教えています。詳しくはお電話・メールでお問合せ下さい!

〒185-0012 東京都国分寺市本町2-22-2 第二鴨下ビル2階 (JR「国分寺駅」徒歩約5分)

電話・メールにてお問合せ下さい

042-313-2821

E-mail

info@math1.jp

トップページ

新着情報!

全科目一括指導コース 募集中!

最難関国立大学への進学を希望する方のための、全科目指導コースを新設しました。

受講は小学生から高卒生まで可能です。

ご興味のある方は、全科目一括指導コースのページをご覧下さい。

6月 30日

ウイルス対策のページを更新しました

6月 30日

ポッドキャスト (音声配信) 第1038回を掲載しました

誰も言わないなら私が言おう「マスクをはずして元の生活に戻ろう」

というテーマでお送りします。

今回のポイントは

  • 情報開示請求権を行使して、厚生労働省や各都道府県に問い合わせよう
    「マスクをしなければならない科学的根拠は何なのか?」と。
  • そもそもウイルスは存在するのか?
  • 昔は「狐が憑くことで病気になる」と本当に信じられていた。しかし憑いた狐を見た人は誰もいない
  • ウイルスを見ることは原理的にできないが、学問としては盛んである
  • 「ウイルスが存在すること」「ウイルスが特定の疾患を引き起こすこと」この2点を証明しなければならない
  • コペルニクスが地動説を唱えた時、権威のある専門家は皆こぞって批判した
  • 我々が今持っている知性を絶対視してはいけない
  • 今の常識を疑ってみなければならない
  • 大人は自分の頭で考えよう
  • 社会を破壊するのにも、社会をより良くするのにも学問は使われる
  • 相対性理論は物理学で絶対的な教義のような扱いになっているが、果たしてそうなのか。そう思うことが大事なこと
  • 疑問を解決しようとすることが「進歩」であり、それが自由を獲得することになる

→音声ブログ第1038回はこちら

再生時間は11分半です。ぜひ聞いてみて下さい。

6月 25日

ポッドキャスト (音声配信) 第1037回を掲載しました

マスクをはずして元の生活に戻ろう

というテーマでお送りします。

今回のポイントは

  • 海外は都市部でも誰一人マスクをしていない
  • 一番の問題点は、科学的根拠が何もないことが分かっていながら、マスクの着用やワクチン摂取が勧められ、法的根拠がないにもかわらず強制力をもっていること
  • 厚生労働省や地方自治体に、コロナ対策の科学的根拠について情報開示請求しても、施策の根拠を示すことができない
  • 科学的根拠なしにやっていることを皆が知るべき
  • ”知る権利” を行使しないで、同調圧力にのまれて自分の自由を奪われることを許してはならない
  • マスクは酸素不足を引き起こす
  • ウィルスの大きさはマスクのメッシュの半分以下で、マスクを素通りしてしまう
  • そもそも、電子顕微鏡でウィルスを見ることは不可能で、まして、体内でウィルスを見た人はいままで誰もいない
  • 厚生労働省はワクチン接種者・未接種者の感染率のデータを改竄していた
  • 責任ある人たちは「もうやめよう」と言うはずがないから、我々からやめよう
  • 地球温暖化の科学的根拠はない
  • 終戦後によく使われた化学薬品DDTの例

→音声ブログ第1037回はこちら

再生時間は8分です。ぜひ聞いてみて下さい。

6月 23日

ポッドキャスト (音声配信) 第1036回を掲載しました

なぜ焦るんだろう

というテーマでお送りします。

今回のポイントは

  • この時期までにここまでできているはず、と思うのは万能感。それができていないから焦る
  • こういう風に進歩したい、と思っているのに、それができないから焦る
  • 外で刺激を受けて「こうなりたい」と思っても、家に帰れば家族の間にあるミラーニューロンによって、親の気持ちに同化して絶望してしまう
  • 親は「この子は三日坊主で、何をやってもダメ」と思うと、それが子供に伝わって、続けたくても続かない、となってしまう
  • 親の勝手な決めつけに対し、その内子供は反発する
  • 反抗期で手を焼くのは、それだけ親が子供を決めつけているから
  • 子供にとって親は絶対的で完璧な存在に見えている
  • 大人になれば、親はそれほどでもないと段々に分かってくる
  • 地元や親許から離れると、その脳のネットワークから遮断される
  • 「脳のネットワーク」が存在することを知っていることは大事

→音声ブログ第1036回はこちら

再生時間は11分半です。ぜひ聞いてみて下さい。

学習院大学の研究グループは、2020年春に日本で行われた小中学校の臨時休業が新型コロナウイルス感染症の蔓延を抑制する効果あるという証拠は見いだせないことを報告しました。

今年の年賀状です。
生徒さんよりこんなすばらしい年賀状をいただきました。

いいですね。
若者らしくて。


この方は、大学一年生。
最後の模試でもE判定。まさに大逆転合格でした。
どんなに悪い成績でも、気持ちをまっすぐに努力し続けた結果です。
大学生になっても、塾に通ってきてくださって、厳しいセミナーで鍛えられています。
人に限界はないと教えてくれる、大切な生徒さんです。

お子様の入退室をリアルタイムでお知らせするシステムを導入します

お子様の塾の入退室をメールでお知らせします。

教室でのウィルス対策について

様々な学校から大勢の生徒さんが集まる塾や予備校は、実は、風邪やインフルエンザの感染地になりやすいことをご存知ですか?

当塾で行っている、ウィルス対策の取り組みをご紹介します。

お電話でのお問合せはこちら

E-mail:info@math1.jp

鴨下算数数学塾へようこそ

一人でも多くの方に、
算数・数学を大好きになってほしい。
算数・数学をできるようになって欲しい。
私の思いはそれだけです。

成績を上げたい。どうしても希望の学校に合格したい。
私の喜びは、そういう生徒・児童の皆さんの手助けをすることです。

その生徒・児童の皆さんが、
「先生、数学大好き!」 と目を輝かせて言ってくれたら……。

今日も塾を開いています。

まずお話したい3つのこと

個別入塾説明会を開催しています

鴨下算数数学塾では、随時、個別入塾説明会を開催しております。

何をおいてもまず最初にしなくてはならないことは、お子様の現状を正確に知ることです。
その上で、ご両親様やお子様のお話を伺い、「何をしたらいいか」進むべき最良最善の道を一緒に考えて参りましょう。

お気軽にご連絡下さい。

入塾を希望される方へ

入塾説明会の日程

毎週日曜に随時開催しております。
電話又はメールにてご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

E-mail:info@math1.jp

個別入塾説明会を開催しています

入塾説明会は、日曜日に随時開催しています。
何をおいてもまず最初にしなくてはならないことは、お子様の現状を正確に知ることです。
その上で、ご両親様やお子様のお話を伺い、「何をしたらいいか」進むべき最良最善の道を一緒に考えて参りましょう。
お気軽に、電話又はメールにてご連絡下さい。

音声メッセージで、個別入塾説明会の内容をお話ししています。
ぜひご一聴下さい。

お問合せはこちら

042-313-2821

info@math1.jp

一緒に算数・数学を大好きになりましょう。
詳しくは電話、メールでお問合せ下さい。

資料請求フォームはこちら

お問合せフォームはこちら

音声ブログ

大好きが天才を生む

ポッドキャスト(音声配信)「大好きが天才を生む」 は、
毎週木曜日・土曜日の朝6時に更新します。

You Tubeで見れる!塾長生講義

塾長による講義の動画をスタートしました。
数研出版の教科書傍用問題集「4STEP 数学 I +A」の問題解説をご覧いただけます。

鴨下算数数学塾

042-313-2821

info@math1.jp

〒185-0012
東京都国分寺市本町2-22-2
第二鴨下ビル2階

地図はこちら